From 国際政治学者・藤井厳喜


なぜ、台湾を知ると世界が見えるのでしょうか?なぜ、台湾の真実を知らないと損なのでしょうか?

答えはこの本を全部読んでいただければ自ずと分かることなのですが、敢えて本のはじめにその意味を解き明かしておきましょう。


まず、固定された視野をもっている日本人にとって、台湾を知ることは、厳しい世界の国際関係を知るキッカケになります。台湾という小国が「中華人民共和国」という巨大な帝国に虐められている現実を見ると、そこから現代の過酷な国際関係のパワー・ポリティックスの現実が見えてきます。


そして実は、チャイナが狙っている獲物の第1が台湾であり、獲物の第2のターゲットが日本であるということが分かるのです。


第2に台湾の歴史を知ると、日本の歴史について自由にモノが考えられるようになります。日本原罪史観から解放されて、明治以来の日本がとってきた外交政策や国策の正しさが理解できるようになるのです。台湾人自身の歴史の証言を聞くことによって、戦前の日本外交がいかに真っ当なものであったかを理解することができます。


台湾を通じて現在の世界を知り、真実の歴史を知ることができる。つまり「台湾」という鏡に日本を映すと、「日本の本当の姿」が見えてくるのです。


実はこれは筆者の1人である私の体験したところでもあります。台湾を通じて、より開かれた歴史観や現状認識をもつことができる。この爽快感を読者のあなたにもぜひ、体験してほしいと思います。

目次

第1章 台湾人とは誰か?「遠い隣人」の素顔

◯微熱の国の〝芋っ子〟

◯台湾人は漢民族ではない!

◯清朝に抵抗した鄭成功

◯日本政府、日本人虐殺を清朝に抗議

◯清朝、台湾を日本に割譲

◯無理矢理、漢民族にされた台湾人

◯歴史の捏造はチャイナの得意技

◯遺伝子が明らかにした台湾人アイデンティティー

◯高まる台湾人の自己認識

◯多様性豊かな台湾文化

◯対照的な台湾人とチャイニーズの日本観

◯コラム【毛沢東は蔣介石軍を駆逐した日本軍に感謝していた】

第2章 台湾に宿る日本精神と変節した日本

◯台湾に残る「古き良き日本」

◯台湾に宿る日本精神の秘密

◯台湾で花開く短歌・俳句・川柳、そして〝親日・映画〟

◯2つの大地震が証明した日台の心の絆

◯なぜ日本と台湾はベスト・パートナーなのか

第3章 苦難の道歩んだ戦後の台湾人

◯世界最長の戒厳令が敷かれた台湾(戒厳令下に生まれ、成長するわが青年期)

◯台湾はチャイナの一部ではない!

◯「中華民国」を脱皮する台湾

◯台湾独立承認に動くアメリカ、決断できぬ日本

◯日本よ勇気を持て!台湾を守ることは日本を守ること

第4章 台湾人は日本の何を尊敬しているのか?

◯台湾人が憧れるサムライの国・日本

◯台湾人が敬愛した「普通の日本人」

◯台湾で神様になった日本人

◯蔣介石の反日教育を覆した台湾人

◯日本人はみな研究者!

◯日本の職人は「一生修行」

第5章 戦後日本が喪失したもの、台湾人の視点

◯日本の「核」は腐っていない!

◯日本人がなくした勇気と正義感

◯偽善者で卑怯者になってしまった戦後の日本人

◯生命至上主義という名の奴隷根性

第6章 台湾を狙うチャイナ、チャイナに媚びる日本

◯「日中友好」に呪縛される日本、日本を徹底的に潰したいチャイナ

◯中国に操られる日本政治ーー中央から地方まで

◯チャイナ・トラップ(罠)にはまった政治家を一掃せよ!

◯親中に傾斜する安倍政権の危険

第7章 台湾を守ることは日本を守ること

◯日本を守る南の橋頭堡・台湾日本は対中対決路線のトランプを見習え!


◯コラム【〈資料〉米外交、台湾独立擁護へ着実に方針転換】

◯「悪の帝国」チャイナを排除せよ!

◯日中友好が日本を亡ぼす

◯台湾年表
エピローグ日本人のみなさんへーー林建良

書籍が無料、、?裏は何?

なぜ書籍をあなたは送料だけで手に入れられるのか?理由は2つあります。1つは、日本の大手メディアが取り上げようとしない世界情勢の真実をより多くの日本人に伝えるため。これは、このプロジェクトの重要なミッションです。もう1つは、この講演録を読んで藤井厳喜氏のことを知ってもらい、10人に1人くらいは、有料講座である同氏の“ワールド・フォーキャスト”で「さらなる真実を知りたい」と思って頂けることを期待しています。


ですので、10人に1人くらいの方が“ワールド・フォーキャスト”に申し込んで下されば、それを資金にこの書籍をより多くの人に無料で提供することが可能になります。「真実をより多くの日本人に伝える」ことがミッションですので、メールを他社に提供するなど、ご迷惑をかけるようなことは一切ございません。安心してご請求ください。

3つの品質保証

91%が満足の顧客サポート

48時間以内に対応します

私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。実際、休業日を除くと、48時間以内にはほとんどのメールに対応しております。なので安心して取引いただけると思います。

私たちダイレクト・グループでは2019年8月1日時点、過去14年間で累計142万3181人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありません。なので安心して試していただけると思います

14年間で

142.3万人以上が利用

この商品を30日の間に見てみて、もし「期待と違ったな」と思われたなら、提供から30日以内であれば、どんな理由であろうと注文を取り消すことができます。もちろん代金は全額返金いたしますし、本を返送する必要もありません。

30日間の

100%返金保証

講師紹介

ハーバード大学大学院博士課程修了。日本のマスメディアでは決して報道されない、欧米政府が扱うレベルの政治・経済の動向。そして市民レベルの情報も踏まえて、文化、思想、宗教など多方面から分析し未来を的確に見抜く予測力は、内外の専門家から高く評価されている。

著書は第1作の『世界経済大予言』(1984年)以来、年間数冊のペースで出版され70冊を上回る。また、年間218,000円の会員制レポートは35年間毎月発行。「正確な情報が命」とも言える、旧三井信託銀行、旧日興証券などの金融機関や大手企業・個人投資家を中心に「世界情勢を読み解くバイブル」として支持されている。


時には、国連集会に派遣団として参加したり、1999年には米ブッシュ政権との架け橋として、リチャード・アーミテージ元米国務副長官、ロバート・ゼーリック世界銀行総裁(共に当時は民間人)らに掛け合い、外交の裏側を取り仕切るなどの国際的・政治的な活動も行ってきた。


その一方で、「朝まで生テレビ」「バイきんぐ」「ニュース女子」「虎ノ門ニュース」などのテレビ出演やラジオのニュースキャスターを歴任。


タレントや根拠の薄い発言しかしない学者では伝えられない世界の真実を、お茶の間にも届けるべく情報発進に努める。現在では、地上波では伝えきれないような「日本人にとって価値ある真実を広める活動」をダイレクト出版と協働で行っている。

※他の代表的商品の満足度の一例。

ワールド・フォーキャスト

日本再興戦略

情報リテラシー大全

1958年に台湾台中に生まれ、1987年、日本交流協会奨学生として来日。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。2001年日本において在日台湾人の外国人登録証明書の国籍記載「中国」の「台湾」への改正をめざした「正名運動プロジェクト」を発足。台湾正名運動の発案者。

元在日台湾同郷会会長(1999年~2003年)、元世界台湾同郷会副会長(2002年~2006年)、2007年「林一洋医師記念賞」受賞、2017年「二等華光専業奨章」受賞、メールマガジン「台湾の声」編集長、台湾独立建国聯盟日本本部中央委員、2018年4月に有志7人と「日米台関係研究所」を立ち上げ、理事を務めている。現在、主に日本で医師として活動する傍ら、台湾正名運動と台湾建国運動を精力的に展開している。

林建良

なぜ、無料で提供しないのか?

このような講座を売っていると、少なからず「商売なのか」と言う声をもらいます… 答えは、もちろん商売です。というよりもあえて「ビジネスにしています」 なぜか? 理由は簡単です。どのようなことであっても、慈善活動では社会に大きなインパクトを与える事はできないからです。


アップル、グーグル、フェイスブックなど… 今、世界を大きく変えている企業が、全て営利企業であるように・・資本主義の現代では、慈善活動だけで世界を変えることはできません。仮にできたとしても、それには途方もない時間がかかります…


この活動をビジネスにすることで、他よりも優秀な人材を集めることができます。さらに、得た利益を講座の開発・広告投資に回すことで、、世の中へ最高の知識を持続的に広めることができる… そう、われわれは信じています。


また、講座を有料にすることは、実は受け取る側にとってもメリットがあります。学ぶ姿勢が大きく変わるからです。あなたも経験がおありだと思いますが、無料で読めるニュース記事や、YouTubeの動画はサラっと読み飛ばしますが、身銭を切って購入した本やセミナーは、元を取ろうと必死で読み込むのではないでしょうか?


学びの本気度が全く違うので、情報の吸収力。それを活かす力も段違いになります。「知識への投資は常に最高の利息がついてくる。」そうアメリカ建国の父:ベンジャミン・フランクリンが言うように、車やスーツ、時計などの消耗品を買うのとは違い、払った以上のリターンを着実に得ることができるでしょう…


結局のところ、限りある時間の中で、どれだけ密度の濃い時間を過ごせるかどうか。自ら身銭を切って、いろんな情報を吸収しているあなたなら、きっとおわかりいただけると思います…

ダイレクト出版について

#私たちのミッション「教育を革新し日本を強くする」

2019年で創業14年を迎えます。Webを通して140万人以上に教育コンテンツを販売してきました。私たちの会社では、他では手に入らない知識、実際に使える実用的な知識、英語圏にある膨大な知識を含め、その人の成長につながり、人生を変えるような知識を提供できるように全力を尽くしています。


私たちのミッションは、日本社会の一員として、教育を通じて、それを革新し続け、日本を強くするように貢献することです。それは、現在のみならず、次の世代、未来の社会をも、豊かで明るく、希望に溢れた社会にする礎となると信じています。

#一流の識者の知識を広める

私たちは海外の優れたビジネスやマーケティングの知識を日本に広めるという分野からスタートし、今年で14年を迎え、「政治、経済、歴史」といった分野の事業を始めてからは5,6年ほどが立ちました。


この業界からするとまだまだ新参者な訳ですが、ビジネスパートナーとして、

●スタンフォード大学の中でも格が高い研究機関・フーヴァー研究所。前政権時には在籍する133名の教授のうち25名がホワイトハウスの要職につきアメリカを舵取りする。 その中で唯一の日本人として、30年以上在籍している西鋭夫教授


●年に200回を超える講演活動、与党幹部へのレクチャーなど高い評価を受け、累計の書籍は100冊を超える経済評論家・三橋貴明氏


●政治学、経済学、歴史学など幅広い分野を修め、国際情勢を40年も分析し、バブル崩壊などの未来予測に定評がある国際政治学者・藤井厳喜氏


●「人間国宝」「戦後日本において日本の通史を語れる唯一の人物」とも言われる言論界の大御所・西尾幹二氏


●2度の首相特別顧問、3度の外相特別顧問を務めるなどして、実際に日本外交を動かしてきた、外交評論家・加瀬 英明氏

というような有名な方々とも一緒に、仕事をさせて頂けるようになりました。


講演会や勉強会では、累計17,743人(2019/07/29現在)を動員し、少しずつではありますがリアルなサービスも拡大していっています。

ホーム | 会社概要 | 特定商取引法上の表記 | プライバシーポリシー | ダイレクト出版株式会社 サポート



大阪府大阪府大阪市中央区安土町2丁目3−13 大阪国際ビルディング13F  TEL:06-6268-0850 FAX:06-6268-0851


Copyright © ダイレクト出版株式会社. All Rights Reserved.

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 

「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。